融資に強い決算書の作り方

サンプルサイト

融資を受けやすくする決算書の作り方とは?

融資をうける上で「決算書」は大きな役割を果たします。

 

売上げや利益の額が前年と同じであったとしても、決算書の中身によっては金融機関が下す判断に大きな差を生じることになります。

 

なぜなら、金融機関が見ているのは、単なる売り上げの大きさや利益の額だけではないからです。

 

そこで、確実に、そして、より多くの融資を受けるためには「融資を受けやすい決算書」を作る必要がありますが、そのポイントは以下のようになります。

 

  1. 債務超過や2期以上の連続赤字となっていないこと。
  2. 必要な納税がキチンと行われていること。
  3. 減価償却費が税法の限度額内まで計上されていること。
  4. 繰越欠損金がない、またはその額は多すぎないこと。
  5. 仮払金などの仮勘定科目や、不明朗な科目がないこと。

 


サンプルサイト
ページの先頭へ戻る