法人と個人事業主で融資に有利・不利が生じるか

サンプルサイト

法人と個人で、融資の審査の際に有利・不利の差が出ますか?

結論から申しますと、法人と個人事業主で融資の審査に有利・不利はありません。

 

世間一般では、「法人の方が、個人事業主よりも信頼が高い!」と思われていますが、融資の審査では関係ありません。

 

ただ、法人の場合にだけ、利用できる特典がある多いので、そこは法人の利点といえます。

 

法人にのみ認められる利点

 

日本政策金融公庫の「新創業融資」では、通常より0.1%の金利を負担すれば、代表者が連帯保証人とならなくてよいという特典があります。

 

日本政策金融公庫の「新創業融資制度」では、法人がこの制度を利用する場合には、代表取締役が連帯保証人にならなくともよいという特典があります。

 

上記の特典を見れば、法人にした方が良いようにも思えます。

 

しかし、特典を利用することだけを目的として法人を設立し、仮に、融資に失敗した場合には、その法人の設立は無駄になってしまいます。

 

それどころか、融資が受けられないため、運転資金が足りず、会社が休業状態で赤字に陥った場合であっても、最低限の税金の支払い(均等割り)をしなければなりません。

 

また、休業期間があると次の融資が受けるのは難しくなります。

 

上記のようなリスクを考えたうえで、法人化を検討されるのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


サンプルサイト
ページの先頭へ戻る