制度融資の概要

制度融資とは

制度融資とは?

信用保証協会は、企業に対し、直接の融資をすることはしないが、他の機関と協調して、融資のサポートをする場合があります。これを「制度融資」といいます。

制度融資における各機関の役割

制度融資は、資金調達力の弱い個人・中小企業を対象に、その融資を容易にするため、各都道府県と金融機関、そして信用保証協会の3者が協調して行うタイプの融資(パッケージ商品のようなもの)で、それぞれの役割は以下のようになっています。

 

都道府県

中小企業者が有利な貸付条件で融資を受けられるようにするため、一定の資金を金融機関に預託し、これを融資の原資の一部とする。

 

信用保証協会

金融機関の融資について、「保証」をするとともに、その融資の返済が不能となった場合の「代位弁済」を行う。

 

金融機関

あらかじめ定められた条件に従い、中小企業に対して融資を行う。

 

制度融資には、各「都道府県」と「市町村」が主催する場合の2種類があり、そのどちらも利用することはできますが、これらを同時に申し込むことはできません。

サンプルサイト
ページの先頭へ戻る