融資の鉄則Q&A

融資の申し込みにあたって、どうしても覚えておかなければならない鉄則や常識についてQ&A形式で説明します。

 

既に支払った経費は融資の対象となるか?

融資の対象とはなりません。

 

運転資金は減額されやすい?

運転資金は減額されやすいです。
これに対し、設備資金は減額されにくいです。

 

運転資金の申し込みの目安は?

3〜4か月程度の運転資金が目安になります。

 

日本政策金融公庫と制度融資は同時に申し込み可能ですか?

可能です。
一つの申し込みで資金が不足する場合は、日本政策金融公庫と制度融資を併用すれば最大2倍の融資が受けられます。

 

親に自己資金を援助してもらっているのですが、日本政策金融公庫の新創業融資を受けることができますか?

親からもらったものだとすれば自己資金とはなりますが、借りたものは自己資金とはなりません。

 

必要な許認可がまだ取れていないのですが?

事業を行うために許認可が必要な場合、申込時点でその許認可が取れていることが原則として必要です。

 

新創業融資の自己資金について

新創業融資の場合の自己資金は、既定の上では希望額の10分の1以上あればよいこととなっていますが、現実の申し込みの上では最低でも3分の1以上必要となります。

 

一度融資の申し込みに失敗した場合の、再度の申し込みの可否

一度融資の申し込みに失敗した場合には、その後6か月程度は再度申し込みをしても断られることが多いです。

 

見せ金について

自己資金の確認は、現物の通帳の過去6か月〜1年程度の中身を見て判断されるため、見せ金はほぼ通用しません。

 

法人の場合、代表者個人の連帯保証が必要か

新創業融資を利用する場合、代表者個人が連帯保証をしなくてもよい。

サンプルサイト
ページの先頭へ戻る